甲状腺疾患について

甲状腺とは

  • 甲状腺は首の前部、のどぼとけの下にある小さな臓器です。気管や食道とはつながりがなく、甲状腺ホルモンという体内の新陳代謝を高めるホルモンを生成・分泌しています。甲状腺ホルモンの分泌が増減すると動悸や息切れ、むくみ、原因のわからない体調不良や疲れやすいなど様々な症状が現れます。
    甲状腺疾患の代表的なものとして、甲状腺ホルモンが多くなるバセドウ病や甲状腺ホルモンが少なくなる慢性甲状腺炎(橋本病)があります。当院ではこれらの専門的な診断・治療が可能です。

甲状腺疾患における代表的な自覚症状

甲状腺中毒症の主な症状(甲状腺ホルモンが多すぎる状態)

  • 脈がはやい
  • 動悸がする
  • 手指の震え
  • 暑がり
  • 汗かき
  • 食べているのに痩せる
  • 便が緩く回数が多い
  • まぶたの腫れ・眼球が出てきた
  • イライラしやすい
  • 落ち着きがない
  • のどが腫れる
  • 疲れやすい
  • だるさが取れない

甲状腺機能低下症の主な症状(甲状腺ホルモンが少なすぎる状態)

  • 脈が遅い
  • 全身のむくみ
  • 寒がり・汗をかかない
  • 体重の増加
  • 皮膚の乾燥
  • 眠気がひどい
  • 髪の毛がよく抜ける
  • 筋力の低下
  • 疲れやすい
  • だるさが取れない
  • 便秘気味
  • 声がかすれる
  • 物忘れが多い

甲状腺腫瘍の主な症状

  • 首にしこりがある
  • のどが腫れている

代表的な甲状腺疾患

甲状腺疾患といっても実は種類がたくさんあります。「甲状腺ホルモンが増えるもの」「甲状腺ホルモンが減るもの」、また「甲状腺に腫瘍ができるもの」などがあり、それぞれ治療方法も異なります。以下では、代表的な甲状腺疾患名をご紹介します。

  • 甲状腺中毒症の代表的な疾患

    バセドウ病/無痛性甲状腺炎/亜急性甲状腺炎

  • 甲状腺機能低下症の代表的な疾患

    慢性甲状腺炎(橋本病)

  • 甲状腺腫瘍

    甲状腺腫瘍には、バセドウ病や橋本病などのように甲状腺全体が腫れる「びまん性甲状腺腫」と、甲状腺が部分的にしこりのように腫れる「結節性甲状腺腫」があり、その中で良性と悪性があります。
    まずは超音波(エコー)で検査します。良性か悪性か超音波下穿刺吸引細胞診(超音波による画像を見ながら腫瘍に採血用の針と同じ太さの細い針を刺して直接細胞をとり、採取した細胞を顕微鏡で調べる方法)が必要であれば専門施設をご紹介いたします。